弊社、大型冷風機に沢山のお問い合わせありがとうございます。大型冷風機の製造・販売、アースブロージャパンです。

大型冷風機の侍。疾風が進化する理由

今回は、業務用の大型冷風機、その常識を覆すハイパワーに進化をする疾風(HAYATE)のご紹介です。疾風とはアースブロージャパンの移動式、大型冷風機(気化熱式冷風機)となります。

大型冷風機(疾風)のハイパワーなスペック

簡単にスペックをお伝えいたしますと、この大型冷風機(疾風)のタンク容量は189L。この大容量タンクの水は常に悪臭やウィルスの原因である殺菌に汚染されるリスクもございます。しかしながら、当社の製品では水の殺菌をクリーンに保つために大型UVライトも業務用の大型冷風機としては珍しく装備

また、大容量クールパッドも乾燥機能がございますので、常に濡れている(ウェット)コンデションのような不安定な動作環境であった過去に販売された大型冷風機、その輸入製品等とは違い、大型冷風機のパフォーマンスを最大限発揮できいるような仕様となっております。

疾風の大型冷風機、最大の特徴は7ブレードを回す為のハイパワー

大型冷風機である、疾風(はやて)が持つ 7枚の巨大な大型冷風機の羽根で大容量、大量の風を発生させる為には、この7枚のブレードが必要になります。
風を遠くまで送るという事は、凄まじい空気の抵抗に打ち勝つことが絶対条件となりますので、必然的に大型冷風機の能力は小型でありハイパワーである、ブレードを見れば一目瞭然です。


一般的な業務用、大型冷風機モーターですが接点は2極もしくは4極が通常となります。この大型冷風機(業務用として)、疾風の心臓には、なんと10極もの接点を持った10P超ハイパワーモーターが搭載されておりますので安定感が抜群です。7ブレード(大型冷風機の羽根)を回す為には、高性能モーターではないと回りません。疾風だから『あの大型冷風機の羽根は、あのモーターだから回るようだ』と大型冷風機を取り扱う業界でも話題になりました。

大型冷風機の常識を覆すバージョンアップにご期待ください

疾風(HAYATE)は常にバージョンアップを続けております。業界用、大型冷風機のアースブロージャパン(YouTubeチャンネル)ご紹介いたしましたが、次回アップデートは0.75kwに、さらにバージョンアップ予定です。本情報は2020年2月の情報でありバージョンアップ予告とされていただきます。改めまして業務用に特化された大型冷風機を得意とするアースブロージャパンにご期待ください。

業務用、大型冷風機(疾風)はやてのスペックはこちらからご連絡いただけます。